ローンと総量規制について

バナー

ローンと総量規制について

ローンの返済ができず、個人破産や任意整理に追いやられる人が後を絶たないことから、2006年から2010年にかけて貸金業法が段階をおって大きく変わりました。

その中でも特に注目されたものの一つが総量規制です。

今話題の沖縄の美容整形関連の情報をたくさん掲載しています。

総量規制というのは読んで字のごとく、借りることのできるお金の総額を一定の基準で規制しようと言うもので、借り手を守るために定められました。具体的には、消費者金融などからローンができる額が年収の3分の1までに規制されました。

特定の消費者金融から複数のローンを組んだり、複数の消費者金融からローンを組んだりしている場合でも、合わせて年収の3分の1までになります。

この年収の3分の1というのが、個人が普通に生活しながら返済できる上限という判断なのでしょう。

詳しく知りたい品川の会議室の情報収集がもっと楽になります。

しかし、収入のない専業主婦や学生などはどうなるのでしょう。

総量規制を当てはめるとお金を借りることは不可能ということになります。


実は、総量規制は貸金業法なので、銀行からお金を借りる場合は、対象外になります。

バッグの通販の情報をお知らせします。

従って銀行のカードローンなどからキャッシングする場合は、これまで通り総額を気にすることなく借りることができます。

また、クレジットカードなどで商品を購入する場合も、貸金業法の対象外ですので、総額を心配する必要はありません。


動画の授業がとても人気であることがわかります。

ただ、その分銀行は審査が厳しく、誰でもお金を簡単に借りることができるわけではありません。

専業主婦や学生の場合も、世帯主の収入を申告する必要があります。いずれにしても、返済ができなくなるようなお金の借り方にならないように極力注意することが大切ですね。

通販のコールセンターに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。



Copyright (C) 2015 ローンと総量規制について All Rights Reserved.